移流分散解析プログラム(Dtransu)

Dtransuの画像 移流分散解析プログラムは、岡山地下水研究会からダウンロードして使っている。

原則的にプログラムに修正は行っていない。

移流分散解析プログラムは、岡山大学西垣教授と三菱マテリアル、ダイヤコンサルタンツが 共同開発したものである。

移流分散解析プログラムには2次元解析と3次元解析がある。(Dtransu-2D,Dtransu-3D)

さらに、2次元解析は断面2次元と平面2次元に分けられる。

平面2次元にはGWAPのような、地層を積み上げて透水量係数とするような考え方は取りいれられ ないため、純粋に平面2次元解析であり、比較的単純な地層構成の場合には簡単に計算できるため 利用価値は高い。

3次元解析については、UNSAF-3Dと同様であり、Dtransu-3Dの中で浸透流解析を実施することも 可能である。

メッシュの作成

メッシュの作成は、断面2次元はUNSAF-2Dと平面2次元はGWAPとそして3次元はUNSAF-3Dと同様である

移流分散解析は、浸透流解析の一種のようなものだから、基本は浸透流解析とそれほど変わらない。
ここでは、浸透流解析のプログラムを用いて、それを移流分散用のファイルに変換するという手法を用いている。

材質・境界条件

浸透流解析のデータを読み込んで、移流分散用のデータファイルに変換する プログラムである。

原則として、平面解析用にはAC-GWAPのデータファイルを、断面解析用にはAC-UNSAF2Dのデータファイルを 用いるが、逆でも出来なくはない。

移流分散に必要な定数は、変換時に入力するが、節点(あるいは要素)に指定する濃度の指定は、この変換 プログラムでは出来ないので、そこだけはエディターで書き込んでやる必要がある。
濃度固定の場合でも数行書き加える、あるいは節点条件を修正する程度であるので、作業はきわめて簡単であるが DTransu-2Dのデータフォーマットを理解している必要がある。

浸透流計算

浸透流計算そのものは、データさえ完成していれば、DOS窓から実行するだけであり、 極めて簡単他のシステムと一緒。

Dtransuには、計算用にバッチファイルが用意されているので、それをコピーしてデータファイル名や実行ファイルの パス名を変更して計算する。

計算結果の整理

計算結果は"plot08.plt"というバイナリファイルに保存されている。このファイルは、 バイナリデータの書き出し順序が良く解らず、直接このファイルからは読み取ることができないので、picup.txtに変換して 読み取っている。

結果は、通常は濃度分布の変化図として表現される。
勿論、ある節点の濃度の経時変化や、変則的には水位コンター図も 出力可能である


元のページに戻る HOME
有限会社 四国ソイル
info@shikoku-soil.co.jp
088-822-0636