浸透流計算など下請け計算屋のページ

有限会社 四国ソイル

2次元・3次元浸透流計算(UNSAF)

岡山地下水研究会が発表している、AC-UNSAFを使った浸透流計算。

断面2次元のAC-UNSAF2Dと三次元のAC-UNSAF3Dがある。

当然、モデルの規模や処理の煩雑さには大きな差があり、同じ浸透流計算の括り だが、殆ど異なるものである。

準三次元浸透流計算(GWAP)

平面2次元浸透流解析に、地層構成による透水量係数を導入し、擬似的に 三次元解析を行っている。

平面位置で一つの水頭しか持てないことから、縦流れを伴う解析は不得手であり、 締切による水位低下工法などには一工夫必要となる。

比較的平坦で、地層構成が単純で3次元解析までは必要でない場合、簡易な3次元解析 として利用価値は高い。

水源での周辺に与える水位への影響や、締め切りを行って、周辺への影響を低減させる 場合の手段として利用されることが多い。

また、AC-GWAP以外にこれに変わるソフトも少ないと思われる。

2次元・3次元移流拡散(Dtransu)

岡山大学と三菱マテリアルにより開発された、移流拡散の解析プログラムDtransu2D,Dtransu3Dを用いる。

2次元解析は、断面2次元、平面2次元の選択が可能で、比較的簡便に利用で きるが、平面2次元では単一地層モデルに限定される。

法面の安定計算(FCENA)

富士通fipのFCENAを使った法面の安定計算。

AC-UNSAFと同期させることにより、解析時の水位を正確に入力することができる。

ここでは、FCENAについては直接触れることはなく、FCENAで利用する地下水位データの作成について解説する。

AC-UNSAFで計算した結果は、各節点毎に水位(水圧)が得られる。しかし、FCENAでは静水圧分布の水位として入力するか、間隙 水圧で与える場合間隙水圧網を再度作る必要がある。

AC-UNSAFの節点の結果をそのまま利用して安定計算を行う方法について試計算を検討中

液状化流動解析(LIQCA)

LIQCAは、2013年に発足した一般社団法人「LIQCA液状化研究所」が開発、公開している。
2013年以降、毎年プログラムセミナーを開催して、それに参加することにより、1年間のプログラム使用権を授与している。

セミナー参加費は必要だが、LIQCAおよびそれに関するプログラム及びマニュアル等が配布され、LIQCAを使った計算が可能に なる。

LIQCAはその他公開されるプログラム同様、基本的に計算実行ファイルのみであり、一緒に配布されるマニュアルに記載されているフォーマットにしたがい何らかの方法でデータファイルを作成する必要がる。結果の表示についても同様である

その他

プログラム開発

真空管アンプの製作

趣味のバイク

浸透流解析など、下請け計算します。

コンサル的な部分はお任せして、計算とそれに付随する 作業を下請けとして行います。

その分、計算に掛る費用も安価に、手間のかかる計算作業のみをお引き受けしています。

ここで公開しているプログラムは、基本的に無料で公開しています。また、そのプログラムを使用して 解析及び計算を受託計算しています。ご希望の方はここまでご連絡 ください。

下請け作業ですから実名は挙げられませんが、UNSAFとそれに伴う様式の作成までは、数100例を越えます。

同じ浸透流解析でも3次元解析は、実施例が少なく5例程度です。

アンダーパスの道路で遮断される地下水の流れを解析した例、堤防に設けた橋脚のアバット部が出水時どのような 影響を与えるか解析した例、堤防の法尻にドレーンを一定の間隔で施工した場合の浸潤線の解析、承水路に一定間隔で 揚水井戸を設けて水位を下げた場合の解析例などです。

いずれも、2次元では解析できず、準3次元では水圧の問題で適用できないので、止むなく3次元解析したものです。

いづれも、求められる結果の表示方法がケースバイケースであり、3次元解析では、ポストはそのケースに応じて 作成している。

準3次元解析(GWAP)についても、まだパソコンが黎明期でメモリーも数kbyteと云う時期に神田の計算センターで 当時のCLAY-1を端末から利用して計算していました。計算例は少ないですが、数10例を越えます。

河川改修に伴う周辺地盤への影響、またその対策、並びに道路や工場など、締切に伴う解析例などが多いです。

有限会社 四国ソイル
info@shikoku-soil.co.jp
088-822-0636